体を温め、癒す三井温熱療法

 私たち特定非営利活動法人(NPO法人)、日本温熱療法協会は、三井温熱療法の施療士で作る団体です。

 三井温熱療法は、三井と女子(とめこ、1915~2001)が開発した治療法です。

 独自の温熱器(遠赤外線セラミックヒーター)を用い、体に当て、すべらせて行う温熱治療です。

 身体の病変は必ず体表に現れますので、温熱器を当てた時、各部位が体感する熱さの程度によって病変を探り、温熱効果で病変の改善が期待できます。

 三井と女子によると、ガンやその他の難病(糖尿病、目、心臓・血管病など)を含め90%の病気に何らかの効果があるとしています(『注熱でガン・難病が治る 三井式温熱治療のすべて』)。

 また、体を温めることで、自律神経を整え、免疫力を高めます。自然治癒力を呼び起こす全身・根本療法と言えます。

 ぜひ一度、体験されてみてください。

 

 温熱初体験漫画はこちら

 温熱グッズ 遠赤温熱器

       遠赤マット